ミヤタサイクルトップ > ルールを守って安全で楽しい自転車ライフ

ルールを守って
安全で楽しい自転車ライフ

自転車も違反をすると罰則の対象になります。
ルールを守って快適な自転車ライフを過ごしましょう。

自転車ライフを安全に過ごす5つのルール
(自転車安全利用五則)

1 自転車は車道が原則、歩道は例外。道路交通法上、自転車は軽車両です。
歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。
2 車道は左側を通行道路の中央から左側部分の左端に寄って通行してください。
3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行。歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。
歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければなりません。
4 安全ルールを守る。飲酒運転や二人乗り、2台以上で並んで走ることも禁止です。
夜間の無灯走行や交差点における信号無視や一時停止標識のある場所での
一時不停止は、交通違反となります。
5 子どもはヘルメットを着用。13 歳未満の子供にはヘルメットをかぶせるように努めなければなりません。
子ども自身が自転車に乗るときはもちろん、幼児を幼児用シートに乗せる
ときも、幼児用ヘルメットの着用をお願いします。

自転車の交通ルール

交差点の右折

できるだけ道路の左端によって、交差点の左端に沿って徐行し、右折を行います。
また、信号機のある交差点では二段階右折を行わなければなりません。

道路の横断

自転車横断帯がある横断歩道では、自転車横断帯を走行します。
自転車横断帯が無い横断歩道の場合は、歩行者の通行を妨げないよう
自転車からおり、押して横断してください。

信号機

信号は、対面する信号機に従って走行します。
「歩行者・自転車専用」と表示されている歩行者用信号機がある場合は、
歩行者用信号機に従って走行します。

自転車事故による損害賠償責任

・自転車事故による損害賠償事例

Case 1

小学生が夕方に自転車で帰宅中、歩行中の女性に気づかず衝突。女性に重大な障害が残った。

賠償額

賠償額
9,521万円

Case 2

高校生が車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性と衝突。男性に重大な障害が残った。

賠償額

賠償額
9,266万円

Case 3

男性が信号を無視して交差点に進入し、横断中の女性と衝突。女性は死亡した。

賠償額

賠償額
4,746万円

※賠償額は、判決文で加害者が支払いを命じられた金額です。

もしもの時に備え、自転車保険に加入しましょう。

『ネットde@さいくる』は、自転車利用者のリスクに備える保険です。